相変わらず渋いですな!

更新日:

糸島某漁港10

6月1日  中潮 干潮 08:26 満潮 14:40 風 1m~3m

へっぽこエギンガーの私はここ1週間ほどアオリイカを釣っていません。ホームグラウンドの漁港は相変わらず渋いし、他の糸島の漁港へ遠征しても釣れてる様子は全くありません。

唯一福ノ浦漁港が釣れているとの情報があったのですが、せこい私は駐車料金を取られるのでいまいち気が進まないので行くのをためらっています。

釣りとは関係ないですが元卓球部中退の私は、今行われている2017世界卓球選手権ドイツ大会が気になりテレビやネットに釘付けです。深夜遅くまでテレビを見て中継が終わるとネットのライブ配信を見ながら、石川佳純さん・平野美宇さん・伊藤美誠さんの結果を確認し勝ってたら安心して寝て、また目が覚めたら再度確認するの繰り返し、なかなかぐっすり眠る事が出来ません。

5時には釣りに出かけようと思っていたのですが、そんなこんだで目が覚めたら6時頃。
まぁ、干潮は08:26だし今からちょうどいい時間帯かなっていうことで出撃。

相変わらず懲りもせず激渋のいつもの漁港です。波止に着くと結構な風、ななめ右後ろからの風でラインがはらんでどうしようもない。
こりゃ、私の腕では無理。ほとんどあきらめモードでキャストを繰り返す。

途中からさらに風が強くなり、波止の下のほうの足場のいい岩に降りて風の影響を受けない状態でキャスト。

数投後、ラインが普通よりも早く引っ張られていく。すかさず合わせを入れると確かな手ごたえ。
あまり大きくないようだが久しぶりの感触。

心の中では、正月と盆が一度に来たような喜びようだが、周りの人に見られると恥ずかしいので出来るだけ平常を装う。

ギャフにて無事取り込む、たぶん600gほど。小ぶりだがなんとかお持ち帰りサイズ。

もう1杯釣って納竿しようと思ったがその後は全くの音沙汰なし。
一応1杯釣れたので今日はこれで良しと言うことで納竿。

帰り際、いつもお世話になっている犬ともの知り合いのお宅によりアオリイカを差し上げる。

しかし、例年ならこの漁港、今の時期そこそこ上がっていたのに今年は昨年以上に渋すぎ。
何故だかわからないがまったくアジがいない。アジがいなければやっぱりイカもいない?

去年もダメ、今年はそれ以上ダメ、この先どうなるのだろうと不安になる。

みなさん、限りある資源は大切にしましょう!

■ 本日の使用タックル

ロッド:アブガルシア クロスフィールド XRFS-862M
リール:ダイワ レブロス MX 2506
ライン:PE0.8
エギ :DUEL EZ-Q キャスト 3.5号  リアルニシキエビ

釣り場はきれいに

釣り場はきれいに、自然を守りましょう

-スタッフ釣行記
-,

Copyright© 釣りバカネット , 2018 AllRights Reserved.