爆釣、爆釣・・・お隣さんが「神ってる」!!

更新日:


アオリイカ

2月7日  若潮  満潮 18:45  風 1~2m
前回は上り調子の釣果だったので、今日は爆釣を期待して呼子周辺のいつもの漁港へ3人で出撃。
4時半出発予定も同行者が遅れたり、遅れついでにきびなごを忘れてきたとかで途中キャスティングによる羽目に。
結局到着したのは午後6時頃。

平日だが先行者さんは6人もいらっしゃる。当然いつもの常夜灯の下の1級ポイントはあいていない。
ポイントに近い順からゆうと君(一番若手20歳)、1号さん(苗字が私と同じで仲間内で呼ぶとき間違えないよう番号で呼ばれている)、そして私(最初は2号だったがいつのまにかBさんになってしまった)。

だいたいいつもこの順番で狙ったポイントはほかの2人に取られてしまう。理由は荷物が多いのと車のロックを最後にするのが私だから・・・毎回思うのだがいまいち納得いかない(笑)

さて、釣り座には相変わらず納得いかないが仕方ないので準備を済ませて第一投、そろそろ捨石にかかる頃なので根がかりを避けるため回収しようとしたら、ん~? 重い、ありゃ~しょっぱなから根がかりか?
ドラグゆるゆるなので釣れてるのか根がかりかよくわからない。ドラグをしめて巻くと上がってくる。だけど引きもしないのでゴミかと思ったらまさかのロリアオリちゃんでした。
記念写真撮影後お帰り願いました・・・大きくなって帰ってきてね!

一投目から釣れるなんて今日はきっと爆釣だと心の中で期待しつつ数投げるもまったくあたりなし。
まだツツイカは入ってきていないから釣れないんだ!と自分に言い聞かせている。
ところが、お隣さん(1号さん)あれよあれよと5杯、6杯と釣り上げていくではないか。私と釣り座は3mほどしか離れていないのに。1号の隣のゆうとも私と同じで全く釣れていない。

私たち2人が坊主なのに1号さんはそこで10杯ほどあげている。未だ釣れてなくて不機嫌になった私を見て1号さん、満面の笑みで「場所変わってあげましょうか?」、くそ~むかつく~と思いながらも丁重にお断りする(本心は変わってもらいたかったのだが、どうもプライドが許さなかった)。

しばらく黙々と投げ続けるもまったく釣れず完全にやる気がなくなって無言になってしまった。まじ、面白くない・・・なんて日だ!
と、隣の隣のゆうと君、キタ~! の歓声が聞こえる。ゲゲゲ、ツツイカ坊主は自分だけになってしまった・・・悲しすぎる。

場所が悪いんだきっと・・・そうだ、きっとそうだ。無理やり理由をつけて自分を納得させている。情けないったらありゃしない。と、今度は反対隣の先行者さんのほうから、プシュー、プシューと音が聞こえる。まさか・・・釣れてる。完全に落ち込む私。穴があったら入りたいというのはこんな時を言うんだろうな!
もう帰りたいよ・・・・・

あたりが無くなったのか1号さん、ほかの場所に移動。ふふふふと心の中でほくそ笑む、私の最後の手段だ!そそくさと1号さんのいた場所に移動、もうプライドなんかくそくらえだ!
しかしここで釣れなかったらみんなにあわせる顔がない・・・釣れてよお願いだからツツイカちゃん!

場所を変わって数投後、きました~、待望のケンサキイカ!なんと長かったことか、ツツイカ坊主は免れました。その後もぽつぽつ上がり5杯、やっぱり場所やんと無理やり理由をつけて自分を慰める。

しかし、今日の1号さんは違った。これを「神ってる」っていうのだろう、場所移動するたび数杯釣り上げ結局24杯。たぶん1年のツキを今日1日で使い果たしたと思う!
私はというと他の場所で3杯ほどあげて合計8杯、ゆうと君は6杯。
釣果には納得いかないが、ほんと坊主でなくてよかったぁ~・・・ほっ!

■ 本日の使用タックル

ロッド:シマノ Sephia BB S803ML
リール:シマノ AERNOS XT 2500S
ライン:PE0.6
エギ :YO-ZURI アオリーQ RS 夜光 ライムグリーン1.8号 2号
   :YO-ZURI アオリーQ RS 夜光 ボイル1.8号
   :ヤマシタ ナオリーレンジハンター 1.8号~2.2号 色々(現在製造中止らしい)

釣り場はきれいに

釣り場はきれいに、自然を守りましょう

-スタッフ釣行記
-, , , , , ,

Copyright© 釣りバカネット , 2018 AllRights Reserved.